バイアグラ レビトラ シアリス
 
このサイトをお気に入りに追加
発送方法
お支払方法
メルマガ登録
お名前:
Email:
商品カテゴリ
 
  ジェネリック・ヤスミン

ジェネリック・ヤスミン

 
商品名 成分含有量 数量 通常価格 当サイト価格 単価 無料増量 カートに入れる
ジェネリック・ヤスミン 3mg/0.3mg 3シートパック 13610円 10890円 3630円
ジェネリック・ヤスミン 3mg/0.3mg 6シートパック 25990円 20790円 3465円
ジェネリック・ヤスミン 3mg/0.3mg 9シートパック 35610円 28490円 3166円

ジェネリック・ヤスミン
(注意:写真はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。)
(こちらの商品は、増量対象外です。予めご了承下さい。)

ジェネリック・ヤスミンの成分

ドロスピノレン、エチニルエスラジオール

ジェネリック・ヤスミンとは

ヤスミン(ジェネリック)避妊薬は21錠タイプで1シート1ヶ月分
ジェネリック・ヤスミンは新しいタイプの経口避妊薬で、望まれない妊娠を防ぐ効果が有ります。現在まで用いられて行けた避妊用ピルは、体重の増加をおこしやすいという難点がありましたが、この第4世代経口避妊薬であるジェネリック・ヤスミンは、体重への影響を与えにくいと言われています。

ジェネリック・ヤスミンの効果効能

新タイプの経口避妊薬で、服用いただくことで妊娠を防ぐ効果があります。
ジェネリック・ヤスミンは、これまでのピルの副作用にみられた体重増加を軽減するために研究開発された新タイプの低用量ピルです。ホルモンバランスの変化による体重変化や、ニキビ発生などの従来の経口避妊薬の難点を最小限度まで抑えた最新の第四世代低用量ピルとして、個人輸入サイトでも人気の商品です。従来の経口避妊薬の成分プロゲスチンとは異なり、その効果は体内で自然に生成される黄体ホルモンに類似性が高いことから、副作用が少なく、安心してご利用いただけます。

ジェネリック・ヤスミンの使用方法

生理が始まった初日から、毎日同じ時間帯(服用間隔が24時間以上経過しないようにしてください)に服用します。生理初日から服用すると、その当日から効果が得られます。
また、生理開始から2日から7日経過後に使用し始める場合は、服用後14日間経過するまでは完全な避妊効果は期待できません。服用から効果が確実に得られる期間に達するまでは、他の避妊法を併用してご使用ください。
生理が始まってから8日以上経過してしまった場合は、避妊効果が得られませんので次の生理を待ってご使用ください。

服用し忘れてしまった際には、可能な限り早く服用してください。また、次の服用は通常通りの時間帯に服用します。完全に飲み忘れてしまった場合は、効果が得られないこともありますので、医療の専門家にご相談ください。

ジェネリック・ヤスミンの保存方法

室温で直射日光の当たらない場所で保存してください。高温多湿下で保存すると効き目が低下することがあります。

ジェネリック・ヤスミン使用上の注意

ジェネリック・ヤスミンは、下記の内容に該当している方は服用できません

・以前、避妊薬を服用して過敏症を起こしたことのある人 はジェネリック・ヤスミンの構成成分にアレルギーをお持ちであることが考えられますので使用は控えてください。

・35歳以上で1日15本以上の喫煙者の方の場合、心筋梗塞等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告がありますので、本商品のご使用はお勧めできません。

・血栓性素因のある方(血栓が生じやすい体質)、本商品の服用により血栓が生じやすくなることが知られています。

・妊婦または妊娠している可能性のある方や授乳中の人

・思春期前の女性

・乳がん、子宮体がん、子宮頸がん、子宮筋腫およびその疑いのある人 などの女性特有の癌で治療中の方やその傾向がある方の場合症状を悪化させてしまうことがあります。

また、重症の肝障害のある人 、肝腫瘍のある人、脂質代謝異常のある人、高血圧のある人(軽度の高血圧の人を除く)、耳硬化症の人(症状:音が聞こえにくいなど)、妊娠中に黄疸、持続性そう痒症または妊娠ヘルペスの症状があらわれたことのある人 、原因不明の性器出血のある人 、血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、肝動脈疾患にかかっている人、またはこれらの病気にかかったことのある人 、閃輝暗点、星型閃光などの前兆が見られる片頭痛のある人 、肺高血圧症または心房細動のある心臓弁膜症の人、亜急性細菌性心内膜炎にかかったことがある心臓弁膜症の人 、 血管病変のある糖尿病にかかっている人(糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症など) 、抗リン脂質抗体症候群の人(症状:原因不明の流産を何度も繰り返す、血小板数が少ない、など)、 4週間以内に手術を予定している人、手術後2週間以内の人、産後4週間以内の人、および長期間安静状態の人 の方の場合、ヤスミンの使用は主治医とご相談の上その可否をご決定ください。

併用禁止薬
次の薬を服用している方は、事前に医師や薬剤師にご相談の上本品の使用の可否をご決定ください。また、中には服用中に医師による健康チェックが必要になる場合があります。

ピオグリタ ゾン、ペニシリン、テトラサイクリン系抗生物質、テオフィリン、トピラメート、トログリタゾン、トロレアンドマイシン、特定の利尿剤(スピロノラクトン、 トリアムテレン等)、非ステロイド性の抗炎症薬(イブプロフェン、ナプロキセン)、発作治療薬等 、ACE抑制剤(カプトプリル、リシノプリル等)、ヘパリン、HIVプロテアーゼ阻害剤、モダフィニル、メトプロロール、アンギオテンシンII受容体拮抗薬(ロサルタン等)、バルビツール酸系催眠薬、カルベジロール、コ ルチコステロイド、シクロスポリン、フェルバメート、グリセオフルビン

ジェネリック・ヤスミンの副作用

服用当初は、体内でのホルモンバランスが変化するため、乳房の張りや不正出血がおこることがあります。これらは、薬に体が適応してくると自然に収まる傾向がありますが長期間続く場合医師にご相談ください。ホルモンバランスに起因するその他の副作用としては、胃腸障害(悪心・嘔吐)、体重変化などが見られる事があります。

すぐに医師に相談すべき副作用
月経の乱れ、めまい、失神、指や足首の腫れ、不正出血等の出血の持続(持続的出血)、頭痛、コンタクトレンズの調整不良などがあります。また、ふくらはぎの痛み、黄色の皮膚・急激な胸の痛み、突発性の息切れ、急激な頭痛、脚の付け根・目、乳房のしこり、視覚変化、重度のうつ病、手足のしびれ、重度の胃腹部痛などの症状がある場合は直ぐに医師にご相談ください。

このほかにも、他の病気や日常的に薬を服用している方の場合は、ジェネリック・ヤスミンをご利用になる前に医師にご相談することを強くお勧めいたします。



ジェネリック・ヤスミン




「アイ薬」個人輸入代行で取り扱っているすべての商標は各会社からの登録商標によるものです。

ご注意:お支払いについて

サイト上の表示価格は日本円ですが、クレジットカード決済は海外で行っている為、決済日及び為替レートの変動によって差額が発生する事がございます。ご理解の上、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

メーカーから直接シンプルな包装で、あなたの家のドアまで直接お届け致します。 オンラインでの注文は、簡単で効率がよく、秘密が厳守されるので安心です。


リピーターの方には5%増量でお届けいたします!


「アイ薬」のブログへはこちらをクリック
ブログからお得な情報をゲット!!
 

当サイトについて プライバシーポリシー リンク ニュース アフィリエイト マイアカウント 価格表 お問い合わせ

 
monitored